持続可能な循環型社会の実現を目指して
マムハートホールディングスは、「地域貢献」「環境対策」「商品・店舗開発」「食育」「人材育成」をSDGsの中心5項目に位置付け、SDGsの17目標達成に向け、地域と共に活動しています。
寄附つき商品事業
寄附つき商品のお買い上げ1点につき3円が、
お住いの地域の小学校に学校活動資金として寄附される事業です。
寄附つき事業の詳細はこちら
スポーツ・文化支援事業
地域次世代支援、地域振興として地域スポーツの支援事業を実施しています。プロスポーツへの支援のほか、サッカー教室や野球大会等の地域イベント支援も行い、子どもたちの成長支援をしています。
次世代支援・地域文化活動事業
地域社会の一員として、職場体験の受け入れや、学校への食育で前事業など、地域における教育支援を通じて、地域の未来を担う子どもたちの健やかな成長を応援しています。また、地域色豊かな、地域文化の継承にも力を注いでいます。
ダイバーシティへの取組み
マムハートホールディングスでは年齢や性別、障がいのある方、国籍を問わず、多様な方々が活躍しています。60歳を迎え、セカンドキャリアとして入社される方も多く、多様な人材が継続して働ける環境づくりに取り組んでいます。
廃棄物削減と活用
エココンシャスな店舗を目指し、「もったいないは、今や世界の共通語」をスローガンに食品ロス削減取組、リサイクル物回収「エコぽす」導入やノントレイ商品販売等に取り組んでいます。
マルイの食育
子どもから高齢者まで、全ての人々が食の楽しさ、大切さを実感し、心身ともに豊かで健やかに暮らす未来をつくる。そんな未来を叶えるために、食に関する啓蒙活動に取り組んでいます。
マルイ 食育サイト
マルイの健康経営
健康経営宣言
健康行動・安心安全な職場の促進
健康行動の推進
  • 社内万歩計マラソン大会の実施
    (毎年7月実施・表彰制度)
  • 安全衛生標語の応募を通じた健康行動意識の推進
  • 全事業所に「健康づくり担当者」を任命設置
  • 衛生委員会での「健康づくり」「心と体の健康」「労働時間管理」に関する討議実施
定期健康診断と2次検診受診の推進
  • 2022年 定期健診受診率 99.4%
    ⇒二次検診受診勧奨100%
  • 2021年 定期健診受診率 96.8%
全従業員に対して、健康情報や健康レシピなど、健康づくり情報の月次配信~みんなで健康になろうPJ~
次世代育成と女性の健康作り
ダイバーシティの推進
  • 若手社員の積極登用 *障がい者の雇用促進
  • 女性活躍推進 *高齢者の活用
  • 外国人技能実習生の登用
「育休取得の推進」と「子育て支援」
  • 育休取得予定者への個別ヒアリングの実施
  • 休暇取得に関する手続きや、先輩パパ・ママの声をまとめた冊子の配布
  • 365日利用可能な企業主導型保育園(マムハート保育園:岡山市)の運営
プレコンセプションケアの取り組み
  • 婚姻届を提出した従業員(男女共)に対して、葉酸サプリの提供を開始
心とからだのケア
心の健康づくり計画の作成と運用
  • 新入社員に対する「メンタルヘルス研修」「安全衛生研修」の実施
休職時の見舞金制度
治療と仕事の両立支援(短時間勤務等の配慮)
職場復帰支援プログラムの策定・運用
ワークライフバランスの推進
「15分早く帰ろう運動」・「ノー残業day」の実施
働き方ルールの徹底
  • 時間外労働の適正管理
  • 管理層・MG層に対する労務管理研修の実施
  • 労務管理システム(Navisia)導入による時間管理の高度化
働きやすい環境の整備
  • 人事労務管理システム(smartHR)導入による従業員ひとり一人とのつながり環境向上
  • デジタル化促進による時間効率の改善、紙媒体削減によるロス時間の削減
  • 従業員サーベイ稼働による、テーマ毎の現状・意識調査と改善活動の活性化
  • コンプライアンス研修の計画的実施による、コンプライアンスリテラシーの向上
  • 従業員の子供が参加できる「子供参観日」の開催
TOPへ戻る