私たちの願いは、人と人、地域と企業が絆で結ばれ、すばらしい未来をつくることです。
マムハートホールディングス
食でつなぐ、まち・ひと・こころ
(株)マルイ サンインマルイ わたなべ生鮮館 エスマート
バッカス ランディーズ ハートデリカ アントレ
勝央開発 マルイエンゲージメントキャピタル

2018年3月、マムハートホールディングスはマルイグループのスーパーを経営統合しました。

店舗マップ
店舗マップ
グループ店

企業の取り組み

メッセージ
top-message-phototop-message-name

全従業員が力を合わせ地域とともに歩む企業として

地域の食のライフラインを支えるスーパーマーケットの使命は、食の安心、安全の提供のみならず、少子化、高齢化等、社会構造の変化の中で、お買い物の利便性、地域活性化に向けた取り組み、二酸化炭素の排出削減や地球温暖化防止など環境への取り組みなど、ますます多岐になってきています。

まず、食の安心安全の取り組みについては、店舗閉店後のオゾン殺菌、グループ会社である(株)ハートデリカでのHACCP(危害分析重要管理点方式)高度化認定の工場で、完全なる品質管理の元での惣菜の供給を実施しています。また中山間地域が多く点在するエリアを中心とした高齢者への買い物支援など、買い物の利便性確保のため、一部離島を除く岡山県下全域でネットスーパー「マルイ宅配便」を展開。地域の活性化に向けての取り組みでは、オフィシャルスポンサーとして女子サッカー岡山湯郷Belleの創部以来、選手の雇用や寄付金付き商品の開発、販売などさまざまな活動支援を継続して行なっている他、ファジアーノ岡山についてもピッチボードスポンサーとして応援しています。このほか地域の少年野球大会や、マラソン大会、食育月間「子ども絵画コンクール」、料理教室の開催等々、スポーツ・文化・食育活動の主催や、地域の行催事に積極的に参加する事で地域活性化に取り組んでいます。

環境対策としては、平成23年3月に環境省策定の「エコアクション21:環境経営システム」の登録・認証を取得。Co2、資源、廃棄物の必須3項目の管理体制を構築して、限りある資源の有効活用に積極的に取組んでいます。店舗においてはLED照明、省エネ型空調・冷蔵設備、リサイクル回収設備の充実をはかり、環境にやさしい店舗、ソーラー発電やEV急速充電設備を併設した店舗を導入し、今後はこうしたスマート・ストア、次世代型店舗を積極的に展開していきます。

当社は売上高や店舗数を徒らに競うのではなく、人が集い、語らい、笑顔があふれる活気ある店づくりを通して、地域のお客様に本質的な価値を提供できる、地域になくてはならないスーパーマーケットでありたいと願っています。

今後も「中国地方No.1のスーパーマーケット」を目指して、従業員全てが創造し、変革し、地域の皆様の健やかな食生活のお手伝いが出来るよう、地域とともに歩む企業として、より一層努力して参ります。

top-message-phototop-message-name