CSR-ttl
CSR-copy1

育の考え方・取り組み
NPO法人 マルイ・エンゲージメントキャピタルの取り組み
  • 2014年10月、NPO法人 マルイ・エンゲージメントキャピタル (以下、MEC)を設立しました。MECが目指すのは、地域社会にお ける信頼の集積地、信頼資本としての姿です。2006年から株式 会社マルイが取り組んできた食育活動、次世代育成支援、文化・スポーツなど、地域との関係性のなかで育まれてきた経験、知見とネットワークを基に、この先の未来に続く地域の新しい可能性を、丁寧に掘り起こしていきたいと考えています。
  • つやまフードバレー
    地域に新しい価値を創出し、共有するプラットフォーム(場)の構築と運営

    地域コミュニティが育んできた豊かな地域資源や文化、ライフスタイルを ルを大切に、人や情報などの交流拠点となる新しい「まちのシンボル」を中心市街地に整備し、子どもから高齢者まで、多様な世代が集う活気あ るコミュニティづくりを行う。

  • csr2-02
事業概要
  • 地域内外の人の交流を作る

    フードイベント、軒下マルシェ、クラフト& アート、バルイベントなどの企画実施を通じ、人・もの・ことの交流を形にする。

  • 新しい産業と運用による収入の流れを作る

    ICT活用、農業法人との連携による一次産業と飲食事業者とのマッチング。 地域事業者によるテスト出店の機会を創出。

  • 情報発信の拠点を作る

    魅力的なコンテンツ集積の場。各種メディアの発行やテストキッチンを活用した商品開発、地域プロデューサー育成。

  • 地域資源の発掘と魅力向上

    地域内外の多様な団体と連携し、文化・歴史資源、景観と食を絡めたワークショップを開催。中心市街地を回遊する着地ツー リズムや伝統産業ツーリズムを実施。

  • オープンスペース、シェアオフィスの運営

    若年層を対象とした地域貢献プログラムの運営。次世代育成支援等を通じた地域への関心を喚起。起業家支援などの取組みも。

PROJECT〜事業紹介〜

NPO法人 マルイ・エンゲージメントキャピタルが取り組んでいる、さまざまなプロジェクトを紹介します。

1 『MARUI COMMUNITY TABLE PROJECT』
新しいまちの景色を作り出す、地域と暮らしをつなぐプロジェクト
  • csr2-03
  • csr2-04

地域における多様なつながりを通して、新 しい商品、企画、サービス、場所へと形にし ていく「食の幸せ発信プロジェクト」、 『MARUI COMMUNITY TABLE』、地産地食、ファーマーズマルシェ、「マルイ 暮らしカレッジ」、「まち食」など、さまざまな共創プロジェクトを通して、地域が持つ可能性を発掘し、チャレンジする人の思いに伴走しています。

2 『寄附付き商品を活用した地域貢献事業』
〜1BUY, 1LOVE まちがつながる、お買い物〜
  • csr2-03
  • csr2-04

寄附付き商品のお買い上げ1点につき3 円が、お住まいの地域の小学校に学校活動資金として寄附されます。
寄附付き商品の販売を通じた地域貢献事業は、次世代育成支援であるとともに、 パートナーである地域事業者や、商品の育成にもつながっています。

3 食を中心とした情報発信交流拠点、『Ziba Platform』の運営
  • csr2-03
  • csr2-04

 2017年3月、「食と暮らし」をテーマに、属性に関係なく、開かれたつながりのなかから地域に新しい事業、価値を生み出す共創の拠点として津山市中心部に『Ziba Platform』をオープン。
多彩な交流企画の運営のほか、地域を担う次世代の学びの場、商品開発、コワーキングスペースなどラボ的活用も進んでいます。

変化する買い物環境に対応した、
ネットスーパーマルイ宅配便

買い物弱者問題が顕在化した平成22年、「ネットスーパーマルイ宅配便」を開設しました。買い物弱者も600万人から700万人へと増加の一途をたどっています。急激な買い物環境の変化に「いつでも・どこでも・誰にでも」をモットーとして、お客様に買い物の楽しさを提供できるよう、サービスの向上を図っています。

  • 1 岡山、鳥取両県全域を隅々までカバー
  • 2 多彩な注文方法(電話、パソコン、スマートフォン、TV, タブレット)
  • 3 エコ包装の実践(自社配送では包装レスも実施)
  • 4 見守り活動の実施(津山市、真庭市、美作市と連携)お客様の安否確認を行っています。
地域活性化のための取り組み・フーバンクに加えてこども食堂支援を開始

 津山市でのフードバンク活動に加えて、鳥取県米子市でも、子ども食堂の支援を開始しました。この活動は、「鳥取県」「とっとり子ども未来ネットワーク」「鳥取生協」と株式会社サンインマルイの連携で、鳥取県のフードバンクのネットワークの構築を目指す活動です。

エコぼすの拡大

 マルイイーストランド店、総社店に加え、平成29年6月オープンのマルイ ナチュラルガーデン国府店にもエコぽすを設置。新聞など古紙回収をスタートさせ、お客様とともにリサイクルを進めています。(会員数4,000人:年間の古紙回収量は226tに及ぶ)

CO2削減活動

津山市のCO2削減実証事業に参加。エネルギーの有効活用を図っています。

  • コムスの活用
  • クールチョイスの実施
文化支援活動
次世代育成支援活動

 地域社会の一員として、小中学生の職場体験の受け入れや職業観醸成のための講演活動、学校への食育出前事業など、地域における教育支援を通して、地域の未来を担う子どもたちの健やかな成長を応援しています。またワークライフバランスの観点から、社員の子ども向けに、子ども参観日の取り組みも行っています。

  • 子ども参観日
  • POP作成
  • 職場体験
  • 出前授業
地域文化活動支援

地域文化活動支援 地域色豊かな、地域伝統文化の継承にも力を注いでいます。

  • 津山さくらまつり
  • 津山まつり
  • 鳥取しゃんしゃん祭り
寄附付き商品活動を活用した地域貢献事業

NPO法人マルイ・エンゲージメントキャピタルは、平成26年3月のマルイ上井店オープン時より、地域の未来を担う子どもたちへの支援として、寄附付き商品を活用した地域貢献事業に取り組んでいます。現在第6回の事業を終了し、2,000万円を超える成果を上げることができました。事業の趣旨に賛同頂いた、生産者様、メーカー様も年々増加し、第5回からは、マルイグループのわたなべ生鮮館、エスマートもこの事業に参加しています。これからも無理なく続けられる身近な地域貢献プログラムとして継続的に取り組んでまいります。

寄附付き商品とは

『地域商材を活用した商品』『機能性、健康・栄養バランスに配慮した商品』『デイリー商品』という3つの商品群を中心に、生産者およびメーカー、食品卸および配送、マルイの各社が1品につき1円、計3円を寄附金として拠出するもの。

MEC(マルイ・エンゲージメントキャピタル)の活動に賛同頂いた、生産者様・メーカー様の寄附で成り立っています。

  • 寄附付き商品贈呈金額

    第1回〜第5回の累計1,570万円
    PERA 津山市教育委員会 420万円 第5回分は、市内小学校27校で847冊の図書購入。
    鳥取市教育委員会 520万円 第5回分は、市内小学校44校で71台のipadの購入。
    など、岡山県、鳥取県の181の小学校に対する活動支援を行っています。

    寄附付き商品貢献賞を創設しました。

    趣旨に賛同頂いたお取引先様のなかで、最も多くの寄付をして頂いた企業を対象に、平成29年度より感謝の思いとともに表彰させて頂いています。

  • 第1回の受賞企業様
    株式会社イブキ
    商品:マムハート こだわり旨玉子
    寄付金額:80万円
寄附付き商品寄付金の贈呈について

贈呈先の小学校から、感謝のお便りが多数届いています。今後は対象商品も拡大し、継続的に取り組んでまいります。

  • 津山市教育委員会へ
  • 鳥取市教育委員会へ
  • 美作市立土居小学校、江見小学校へ
  • 岡山市立福田小学校へ
学校教育への支援を行っています。

書籍、運動用具など、用途を限定しない、自由度の高い活動資金として活用されてます。

  • 久松小学校にipad贈呈
  • 八頭町郡家東小学校へ
  • 美作市立美作北小学校へ
  • 勝田郡奈義小学校へ
スポーツ・文化支援活動

 株式会社マルイは、地域に根差した企業として、地域スポーツを通じた次世代支援や地域振興を積極的に支援しています。チーム創設当初からオフィシャルスポンサーを務めている『岡山湯郷Belle』に加え、『ファジアーノ岡山』の支援も行っています。また、グループ企業のエスマートは、『ガイナーレ鳥取』を支援しています。その他、陸上、水泳、野球など地域スポーツ支援を通じて、心身ともに豊かな子どもたちの成長を応援しています。


csr2-36

  • 日本ハムファイターズ野球教室
  • ごんごカップ野球教室
  • グリコ キッズ水泳教室
  • 鳥取車いすマラソン大会
  • エスビーちびっ子健康マラソン大会
  • 岡山県軟式学童野球大会

  • 食育の考え方・取り組み
  • 地域社会への貢献
  • 安心・安全の商品開発
  • 環境行動指針に基づく取り組み
  • 人材育成